美容脱毛と医療脱毛を徹底比較

何が違う?美容脱毛と医療脱毛で比較してみよう

>

脱毛する割合は?

医療脱毛の効果

医療脱毛の一番の特徴は、ムダ毛を発毛させる毛根にある毛母細胞や、その細胞の働きを活発にさせるバルジ領域を破壊することで、活動を抑制するということです。
そのため、ムダ毛が再び生えてくることはほぼなくなります。(個人差あり)
いわゆる「永久脱毛」といわれる脱毛方法は、医療脱毛でしか受けることはできないのです。
細胞を死滅させる行為は医療行為となるため、医師または看護師でないと行うことができません。
つまり、エステサロンなどでは行うことができないのです。
強力なレーザーを肌に照射するため美容脱毛よりも効果は高いですが、痛みを感じやすいとも言われています。
施術中に痛みを感じるようであれば、すぐに医師へ相談するようにしましょう。

美容脱毛の効果

美容脱毛は医療脱毛の様に発毛細胞を破壊するような事はできません。
そのため毛を生えなくすることはできませんので、制毛、抑毛といったことが目的となります。
医療脱毛で使用するレーザーと似ていますが、美容脱毛の場合は光脱毛機器を使用します。
肌に光を照射して破壊まではしませんが、発毛細胞にダメージを与え、毛の育成を抑制する方法をとります。
医療脱毛のレーザーに比べるとエネルギーが控えめなので、産毛のような細い毛の場合は痛みを感じづらいといわれています。
お肌が弱かったり不安があったりする場合は、医療脱毛よりもダメージが弱くて済む美容脱毛の方が向いています。
また、肌ケアのプロフェッショナルであるエステティシャンが施術してくれるので、アフターケアが充実しているサロンが多いのも安心できるポイントです。